焼肉すぎの 悪夢を見る

こんばんわ。

すぎのです。

本日もピーク時間帯『のみ』満員御礼ありがとうございます!!

21時頃にはお客様も少なく、店全体に貧乏神様が座っていらっしゃいました。

(私は空席には貧乏神様が座っていると考えている)

なんとか、貧乏神様でなく人間のお客様に座って頂けるよう、努力していきたいと思います。

 

さて、本日は久しぶりに悪夢を見たのでそのお話をしたいと思います。

私はなぜか昔から仕事の夢しかほとんど見ません。

その為、悪夢も職場が舞台となります。

———————————————————————–

お店の閉店間際に若者が9人で店に入ってきました。

私は閉店です。と告げるのですが、なぜかドカドカと店に入ってきて注文しようとします。

いやいや、閉店ですよ。と告げると怒って暴れ出します。

厨房から社長(親父)が出てきて、一緒に注意すると親父が殴られてしまいます!

そして若者達は店のものを破壊し、楽しそうにしています。

そこで、私はあまりの怒りに我を忘れて相手に飛びかかります。

———————————————————————–

というところで目が覚めます。

 

夢から覚めて私は思いました。

自分で商売をするという事は色々なリスクがある為、何が起こっても大丈夫な心構えと準備が必要だな。

本当に日々のお客様に恵まれているな。と深く実感しました。

 

ちょっと暗い話になってしまいましたが、日々普通に仕事が出来る環境に感謝する良い機会になりました。

また一生懸命仕事に取り組む事が出来そうです!

 

改めて、今週も一週間ありがとうございました!

また明日から宜しくお願い致します!