焼肉すぎの 勇者まさやん

こんにちわ。

すぎのです。

本日も御来店頂き誠にありがとうございます。

 

なんだか夏も落ち着いてきた感じで、バタバタせずにお客様に対応出来るようになりました。

私のドラクエと一緒で、従業員のレベルが全体的にUPしたのでしょう!!

(ピーク時期と比べて、お客様が減っているかもしれませんが、今は分析はやめときましょう。)

 

平日限定のサービスも検討中ですので、決まり次第告知してガンガン平日も満席にしていきたいと思います。

 

 

 

 

さて、本日のタイトルですが。

 

 

私は本名が『すぎのまさや』の為、名前をつけられる主人公はすべて『まさやん』で統一されています。

 

 

現在のドラクエ11の主人公も、もちろん、勇者『まさやん』です。

 

 

そして、現実に今生きている私ですが、正式には勇者ではなく『焼肉屋まさやん』となりますが、

先日、勇者のように勇ましく戦いを行った為、本日は『リアル勇者まさやん』の過酷な戦いの一部始終を、

この冒険の書に記したいと思います。

 

 

 

 

早速、本題に入りたいと思います。

 

 

 

 

ある日、私がいつものように誰もいない店内のレジ部分で1人でブログを書いていると、

 

 

 

 

店の奥(座敷の方)から物音が・・・。

 

 

 

 

バチバチバチバチ、ドカン、バチバチバチバチ。

 

 

 

 

雨の音や換気扇の音ではありません。

 

 

 

 

明らかに何かいます・・・。

(基本的に怖がりな部分も持ち合わせていますので、メッチャ怖いのです。)

 

 

 

 

音は鳴ったりやんだりを繰り返しています。

 

 

 

 

明らかに、凶悪な何かが座敷の奥に潜んでいます・・・。

 

 

 

 

怖いな、怖いな、もう帰りたいな・・・。心が叫んでいます。

 

 

 

 

しかし、どんな恐怖にも私は立ち向かわなければなりません。

なぜなら私は『勇者まさやん』だからです。

 

 

 

 

逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。

 

 

 

 

BOSSとの戦闘に備えて、レジの前にいる牛太郎を持参して座敷の方に進みます。

(勇者まさやんは牛太郎を装備した。)

 

 

 

 

音は一瞬鳴り止み!

 

そして、

 

突如、私の側頭部に鈍い痛みが!!

(実際は、髪の毛が天然パーマでモコモコしている為、ほぼ痛くない。)

 

 

 

 

私への突然の先制攻撃です。

私は驚きと恐怖でヒットポイントは既に限りなく0に近くなっています!

 

 

 

 

それでも、瀕死の体で何とか相手の攻撃を牛太郎で防御しつつ、相手を確認します!!

 

 

 

 

すると!!

 

 

 

 

そこには、私を狙う凶悪なモンスターが!!

 

 

 

 

そうです!!

 

 

 

 

カナブンです!!!!

 

 

 

 

多分、私が入口を閉めるときに侵入してきたのでしょう!!

 

 

 

 

やつは既に私への捨て身の攻撃で、瀕死の状態でした。

なんだか、かわいそうだったので外に逃がしてやりました。

 

 

 

私は、恐怖に立ち向かい強大な敵と戦う事により、焼肉すぎのに平和をもたらしたのです!!

 

 

 

明日からも勇者まさやんとして、焼肉すぎのの平和を守っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

えーっと、今日もこんな感じですいません。

 

 

明日も皆様の御来店を心よりお待ちしております。